消費者金融で返済不能

消費者金融から借りたお金を返済できなくなったという人は少なくありません。その場合に考えるのが、夜逃げをしようかと思ってみたり、自殺を考えたりすることです。

数年前までは消費者金融への返済が困難になって、夜逃げをする人も多かったと思います。夜逃げというのは夜中のうちに引っ越しをして、誰にも引っ越し先を言わずに消費者金融の取り立てから逃れることでした。

しかし、夜逃げをしたとしても、毎日の生活にはお金が必要になりますし、借金が消えるまでには5年の時効が必要ですから、なかなか逃げ切ることは難しいといわれています。

消費者金融からの借金を返済できなくなって自殺をする人がいますが、自殺をしても何の解決にもなりませんから絶対にやってはいけません。消費者金融で返済不能になってしまった場合には、とにかく自分ひとりで考えるのではなくて、司法書士や弁護士に相談をしてみることが得策です。

債務整理と呼ばれることをすれば夜逃げをする必要もありませんし、自殺をするまで追い込まれる必要もないのです。しかし消費者金融の借金の債務整理というのは一人ではできませんから司法書士や弁護士に依頼する必要があります。司法書士や弁護士が力を貸してさえしてくれると、消費者金融の借り入れで悩むことというのはなくなるのです。

今まで必要以上に取り立てにあっていたという人でも、取り立てがストップします。

消費者金融からの借金を任意整理してもらうことになるわけですが、債務者と消費者金融が直接交渉するのではなくて司法書士や弁護士に間に入ってもらって話をしてもらうことが多いです。

この場合、司法書士と弁護士とどちらに頼んでもいいのかと思っている人もいると思いますが、司法書士が引き受けることが出来る案件は請求金額が140万円以下の時で、弁護士に依頼しなければいけないのが140万円以上の時ですから、この違いを注意しておくといいでしょう。

弁護士や司法書士に相談をするのにはお金がかかると思っている人も多いですが、最近は無料で消費者金融のお金の相談を受けてくれるところもありますし、一度インターネットなどで消費者金融の相談を受けてもらえる司法書士事務所や弁護士事務所がないか調べてみるといいかもしれませんね。

一人で悩んで夜逃げや自殺を考えなくても、今は何とかなりますから、とにかくきちんと相談をして早めに対処してもらうようにしましょう。
消滅時効援用で借金をなかったことにする方法