肌荒れ予防にはみちょぱの洗顔料クリーミューでお肌を清潔にしましょう。

肌に含まれている水分が減少して肌の表面がカサカサしている状態のことを肌荒れといいます。空気の乾燥した冬になると、乾燥肌の人が悩まされることが多いようです。そしてシミやシワなど別のトラブルのきっかけになるのです。男性に比べて女性の皮脂はもともと少ないものです。

そして25歳くらいから減少する傾向があります。皮脂の量が少ないと肌荒れの原因となります。それは肌から水分が逃げやすくなり、最近が繁殖しやすくなることによって、肌のうるおいがなくなるからです。とくに目の周りが荒れることが多いのは皮膚が薄いためです。皮膚がうすいと皮脂腺が少ないので肌荒れしやすいのです。またストレスが原因で、肌のかさつきや、ニキビができる、痒みが出るなどの肌荒れがおこることがあります。免疫力を低下させるストレスは、ホルモンバランスを乱すなど、皮膚に影響をおよぼします。それにより、肌荒れの症状がおこってしまうのです。さらにストレスによる不眠の症状や、食生活の乱れによって肌荒れが起こることもあります。皮膚の脂肪の分泌を促すのは男性ホルモンです。それが減少すると角層が乾燥してひび割れた状態になるので、肌荒れがおこります。暖かい季節は肌の潤いを保ちやすくなります。なぜなら湿度が高く、汗をかくからです。反対に寒い季節は肌荒れが起きやすくなります。空気が乾燥して、汗をあまりかかないからです。洗顔の仕方ですが、熱いお湯で洗うのは皮膚の脂肪がかなり落ちてしまうので避けましょう。まずぬるま湯で洗い、最後に水で洗います。これが肌荒れ対策になる洗顔方法です。こうすると毛穴が引き締まり、肌の保湿効果がアップしますので、肌荒れ予防になるのです。肌荒れ予防にはみちょぱの洗顔料クリーミューでお肌を清潔にしましょう。