一度、セイコガニを食べてみたい

セイコガニって、ときどき名前を聞くことがありますが、
どんなカニだろうなーぐらいにしか、これまでは思ってませんでした。
でも今朝ネットで見た記事で謎が解けました。というかちょっと驚き。
セイコガニって、あのズワイガニのメスのことなんですね。
まあ知ってる人にとっては、いまごろ何言ってんの?レベルだと思いますが。
わたし的には、まったく知らなかったのです。
ついでにその記事には、ズワイガニ(オスですね)とセイコガニ(メス)を
並べて撮った写真も載ってたのですが、この2つのカニ、まったく違いますね。
大きくて見るからに立派なズワイガニに比べて、小さくて華奢なセイコガニ。
昔の人が別の種類のカニだと思って、別々の名前を付けたのもうなずけます。
ズワイガニは以前、食べたことがあるのですが、セイコガニは未経験。
調べてみると、セイコガニは小さいので脚の肉とか、そんなに目立って
美味ということもなくて、それよりもメスなので、外子とか内子が美味しいとか。
外子はお腹に抱えている受精卵、内子は卵巣のことだそうです。
なので一度お目にかかりたいと思ってますが今のところ実現してません。
都心などに行けば食べられる店はきっとたくさんあるのだと思いますが
うちの近所では適当な店はなさそうです。
今度、街中に出ることがあったら友だちとチャレンジしてみたいです。
かにすき お取り寄せ