産毛の脱毛は難しい

日本で一般的に使われている脱毛器は、レーザー脱毛器やフラッシュ脱毛器と言って、光を照射しその光の力で脱毛を行うものです。この光は黒い色に熱を与えるという特徴があり、黒く太い毛ほど熱ダメージを受けやすいという特徴があります。

ですが、うぶ毛というのはどのような毛なのかというと、細くて色素が薄い毛です。このタイプの毛については、レーザー脱毛もフラッシュ脱毛も効果が出にくいという特徴があります。レーザー脱毛は出力が強いのですが、産毛が生えている部分はお肌の状態がデリケートなところも多く、強い出力でレーザーを照射することが難しく、フラッシュ脱毛はやはり毛の色素が薄いためになかなか効果が出ずらくなってしまっています。

ですが、レーザー脱毛に比べるとフラッシュ脱毛の方がお肌に負担をかけにくいために産毛脱毛には向いていると言われています。クリニックでも産毛についてだけはフラッシュ脱毛を利用しているというところもあります。低出力で行う必要があるために、産毛脱毛は他の脱毛よりも期間がかかることもありますが、気長に脱毛を行っていえば、産毛脱毛もキレイに終えられますので、難しいから無理かなとあきらめる必要はありません。